スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコジタ 

北海道帰りの人からお土産を貰った。もちろんお決まりの『白い恋人』。パッケージをよくよく見ると、英語というよりローマ字表記でShiroi Koibito。フランス語表記でCHOCOLAT BLANC ET LANGUE DE CHAT。ラングドシャーってのはチョコを挟んでいるクッキーのことで、猫の舌っていう意味らしい。薄いから?他にもたくさんフランス語が散りばめられている。そして大きく『北海道銘菓』の文字。フランス菓子系ってことを言いたいんですよね、きっと。

フランスのシャンゼリゼ大通りはクリスマスシーズンのライトアップでとてもロマンティック!っていうのはテレビで見るから。この季節のあそこ、石畳で芯から冷える。ロマンティックなんて状況じゃないから。

そんな事を思っていたら、スゴイ昔に行ったネズランドの瀕死のカウントダウンを思い出した。当時、トモダチ以上コイビト未満の人に誘われて、並ぶのが大嫌いな私がうっかり「ま、1回くらいなら・・」って参加してしまったのが運のツキ。(だって、マッチョだったんだもーん、彼)どこも混み混みでトイレさえまともに入れないし、屋根があってドアが閉まって寒風を避けられる場所はどこも難民キャンプ(テレビでしか見たことないけど)のよう。

もうこれ以上そこにいたらヤバイってとこまで一応我慢して、降参した。そしたら彼は『じゃ、初日の出見に行こうよ』ってワケの分からないロジックを繰り出した。「ネズランドから逃れられるならどこでもいいよ」、ってナゲヤリ気味の私は車の助手席に乗り込みやっと熟睡。「あー、凍死しなくて済んだ」、という安堵とともに。

遠くから『着いたよー』という彼の声。ふと目を開けると日の出より少し前らしく薄暗い。『じゃ、外で日の出を待とうか』という彼の声は聞こえなかったことにして、また寝ることにした私。それからしばらくしてどうしてもご来光を車の外で見たかったらしい彼に急かされ、暖房とさよなら。「あぁぁーー!私の暖房さま~!」

手を繋いだ(その時初めて)2人は浜辺へ走った。いったいどこの海か分からないけど、「ネズランドより寒いじゃん!他に人気もないじゃん!」そして彼はまだ華奢だった私の肩を抱き寄せ、満足そうにご来光を見ている。そして振り向きざまに目をつぶって近づいてくるではないか!「なんじゃ、こりゃーーー!!!おりゃーー!」

空気が全く読めない彼とはそれっきり。やっぱりカラダよりココロよね!???
スポンサーサイト

コメント

そのご来光デートに連れ出した男性は、たぶん前世v-15「タコ」?カイト?多幸?なんなのよ?なんなのよ?

えーとですねえ、、、=仏蘭西語では「オクトパス」ですが・・・(まあ、こういう教養をひけらかすつもりではないんですけど)

わかるよ☆さん。
私もなまじ運動神経に優れてるから、受け身だと反射的によけちゃうんだよね。。。。わかるわかる。。。。
(以下、省略。^^)
  • [2005/12/02]
  • URL |
  • ノリ~(べら~?)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

白い恋人ならまかせときぃ~!!

昔、某三越デパートww

でバイト中に石屋製菓のおねぇちゃん

に白い恋人の試食品をもらって食べた

のが最初でひぃたww

それから数ヵ月後初めて製品を食べた

試食品より製品の方がおおいしいねw


( ̄▽ ̄:) エッ

顔より心??(´▽`*)アハハ

そうだ(´エ`*)ネー>違うかww

v-133ベラ~
ベラ~が言ってる事の半分も分からない私はタコ?
なんだ、ベラ~は攻め一辺倒か。私は相手による(爆 
「省略」部分を待つ。

v-133道産子トシ
そんな「白い恋人」博士に聞く。
冬の北海道で車がないカップルはどこでチューするのよー
いくら寒いからって、顔赤らめてる場合じゃないよーww

白い恋人!!!たべたーい。
北海道土産ナンバーワンに好き!!
しかしこの名前ラブホっぽいなー

でもソレって優の良品から出てる
雪の恋人のパクリでしょ?

v-133ハミ
私の北海道土産ナンバーワンはウニとイクラとカニ!
できればタラバでお願い♡
タラバってやどかりだって知ってた?気にしないけどw

v-133アフロ
そうだったねー
雪の恋人がチャンツィーイなら白い恋人が私みたいなもんだね。
失礼した!

そりゃ

かまくらでも作ってするべさぁ~w

v-133トシちゃん
タイミングも何もないじゃん!
時間もかかりそうww
愛に代償はつきものよねぇ。

ただでさえ寒いのに
カレったらサブイわね(笑)
ロマンチックの一方通行は
なんだか気の毒だけど^m^ぷ

彼の中の妄想劇を考えると、おいそれと、バカにすることは出来ません・・。

v-133まいちん
ほーんと、寒いギャグは夏場にかましてくれっていうのよねー
人間、極限状態に置かれると、結構残酷な仕打ちができちゃうものねw

v-133ジョン
彼のマチガイは相手を間違ったってことだから、きっと今頃は
幸せなロマンティックライフをエンジョイしてると思うわ。

お酒の1本でも用意しておけば機嫌が直ったのに^^。

こんなあたしでもかつて
『キミは強そうに見えても本当は弱いから守ってあげるよ』等と
たわけた奴がいて・・・
「あたしは強そうに見えてホンマに強いンや!」と言い放ってそれっきり
確かに奴も体つきは良かった・・・

目をつぶったらダメじゃん。彼。

きゃしゃ『だった』肩もあったんだねぇ。。。。
ついでに振るえないとダメじゃん!!

1執念おめでとうございます。

白い恋人探しに行ってきます。

甘酒?

平塚の浜辺で新年…

当時21だった私は、彼氏の誘いに乗ってホイホイと…
友人カップルと4人、平塚の浜辺のテントで待機。
震えながら、元旦のご来光を見ました。
暴走族の車はひっきりなしに横通るし、寒いし寒いし寒いし…寒い!!

確かにあの時、やつとの別れを決意したような。
寒すぎるのはいかんですね。やっぱ。

映画化の時にはぜひ主演をやらせて下さい!

v-133もっさ
その頃私はお酒よりプラッシー派だよ。
バーよりも喫茶店のケーキセットが嬉しい年頃。
信じられる?

v-133よぴお
よぴとはタイプが全然違うはずなのにおかしいなぁーw
最近じゃ『俺が守ってあげるよ』系の人より『守ってください』系の
人に出会う確率の方が高いのはなぜ?

v-133くもり
震えなら土曜日に思いっきりレゲエでブルブルやってきたよ。
そりゃ華奢な肩もあったさ!
数年前までは・・・

v-133大将
甘酒じゃ話にならないじゃん。
私はポルトガルの大将をリスペクトしてますよ。
その辺のホットプレートよりも。

v-133わーや
平塚って言えばご存知の通り、族のホットプレイトスポット。
あ、この海は帰りに分かったんだけど外房でした。
外房のどっかは分かんないけどね。

v-133閣下
相手役は左のBLOG PEOPLEリストの人から選んでください。
ラストシーンは打ちひしがれたgrecoさんがポルトに向かって
お土産の高菜を持って泳ぐってことでいい?

オールナイトって寒いんですよね~。

年末年始は家でゴロゴロするに限ります(爆)

楽しい?想い出は多い方がネタになって
いいですねw

v-133ゆっきー
そそ、ゴロゴロのぬくぬくがサイコーだよね。
でもジムが休みになるのは困るのよ。
開いてる時はそれほどでもなくても、開いてないと行きたくなる不思議。
こんなネタはもういらんわw

コメント歓迎!















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック上等!

この記事のトラックバックURL
しかし早まるな!まずは【心得】を読んでからでも遅くない
http://over30.blog11.fc2.com/tb.php/153-2b719a01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。