スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

send me an angel 

最近ジムネタづくし・・・これが日常の一部になったら元通りになるでしょう。
ダイエットなんて興味ないし・・・って方、ごめんなさいなんて言いません。
だって、だって・・・お察しください。で、文句言わずにお付き合いください<半強制

今日のジム。
カウンセリングの予約までは少々時間があるので、ストレッチ後、トレッドミル
(ランニングマシン)を6.0km/h×30min。ジワっと汗ばんだ所でほぼカウンセリングの
予約の時間になった。ジムのウエイトカウンターへ。
どうやらキャシャーンことサカイの姿は見えない。
代わりにおかあさんと一緒の体操のおにいさん風のコーチがいる。
内心「マッチョじゃなくてもこのコーチだったらOKかなぁ」と近づいて予約票を見せる。
体操のおにいさん『担当が来ますので少々お待ちください』
私の心の声「え~、違うんですか!キャシャーンサカイを呼びに行くとですかっ!」と、思い切り
動揺したが、なるべく心を落ち着けてジッと待つ。
『お待たせいたしました~』
勇気を出して顔を上げる。<大げさか!
そこにはにっこり微笑むサカイ・・・・じゃなく、俳優の藤原竜也くんのようなわっかーいコーチ
(以後、竜也)が立っていた。「かっわいー!!」じゃなくて、すかさず出ている部分、
腕と足をチェック。スポーツマンだけど筋トレには精を出してはいなさそう・・・
でもサカイに比べたら10倍は良さそうじゃん!理由はないけどなんとなくねw 気分的にね。

ひととおりマニュアル通りの説明を受け問答が始まった。
竜也 『今回の目的は?』
 正直に言いましたよ。
私  「ダイエットで~す!」
竜也 『スポーツは?』
私  「あれとかこれとか」
竜也 『運動は好きなんですね』
私  「はい」
竜也 『ではどうして肥えたんですか?』<ホントはこんなに直接的表現は使ってない
私  「ビアが大好きなんです」
竜也が顔を真っ赤にして何故か笑って言う 『運動後は確かに美味しいっすもんね。で、どの位?』
私  「1リットル位かなぁ」 
竜也 『・・・・・』
調子にのりすぎましたvv

それからどんなトレーニングをどの位するか、どんなプログラムを利用すれば良いかなど、
一般的なアドバイスに終始。今日はどのマシンをどの位のウエイトで何回やればいいという
個人プログラムは分からず、後日渡されるようだ。最後に【IN BODY】という体成分検査をして終わり。体成分結果は明日にでも詳しく。
竜也に『3か月マジメにやれば絶対結果は現れますから!』と励まされ、大人しくマシンエリアに戻った。

2日前のようなメニュープラスαをやっていると、スタジオが見える所がある。
プログラムは【ファイトアタック】(音楽に合わせながらキックやパンチを繰り出す)のようだ。
とっても楽しそう・・・でも、スタジオは月初めから参加した方が入りやすいと竜也が言ってたなぁ・・・
などと思いながらふと顔を上げると・・・・・サカイがコッチを見てにっこりしながら会釈した。
幻覚?いや、本物だ!とりあえず会釈返しはしておいたが、それはチェストプレスの3セット目終了直後。きっとメチャクチャ苦痛に顔が歪んでいたに違いない。それにスマイルは竜也に使い切ってしまったよ。
スマン、サカイ。


現実体重【61.0】kg
理想体重【55.0】kg
グラフ確認はココから
スポンサーサイト

コメント

コメント歓迎!















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック上等!

この記事のトラックバックURL
しかし早まるな!まずは【心得】を読んでからでも遅くない
http://over30.blog11.fc2.com/tb.php/1-ca6c02c0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。