スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成長 

イベントが目白押しだ。夏だから。

旧友@男子の何かのお祝いの会みたいなのに招待され、親友キャロ@女子と馳せ参じてみた。同窓生がいっぱいいて、にわか同窓会みたいだなぁー、なんて言っていたのも束の間、その配偶者たちもかなりたくさん来ていたのに気づいた。旧友と話し始めると、その横には必ずと言っていいほど、その妻たちがいる。ここはアメリカか!

配偶者(ほぼ妻)たちは、初めこそかなり控え目にしているが、時の流れとともにリラックスし、饒舌になる。K@建築家の妻は、話の締めに必ずオットとの馴れ初め話になる。何故だ。F@パイロットの妻は、話の合間に必ず自分がどれだけ愛されているのかをほのめかす。知るか。

これに気づいたのは、旧友キャロ。『なんかさ~、妻軍団はカチグミでぇーっすって顔に書いてるみたいだったよ、意味無くムーカーつーくぅ。こんな自分が嫌だぁー。エーン!』出た!怒り泣き。

「私なんて、全然気づかなかったよ。でもさ、妻付きだと、気を使うよねぇ。」と言った私に、『似たもの同士だもんね、私たちってやっぱり』と呟いたキャロに返す言葉は見つからなかった。

しかし、彼女たちの素敵なダンナサマたちはその昔、修学旅行でホテルの廊下に全裸で閉め出されてたり、廊下に立たされた時に先生が怖くてトイレを言い出せず漏らしたりしてたんですよって教えてあげればよかったね、という部分は一致をみた。

あ、久しぶりに走り、始めました≒冷やし中華、始めました
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。