スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の思い出 

当時、好きだった男の子とエンピツの取り合いをして見事勝利。
ガッツなポーズをしていたら、男の子の顔は恐怖におののき、
いつもは優しいオネーサンセンセーは血相を変えて飛んできた。
右マユゲと目の間にエンピツの芯だけを刺したまま、
スプラッター映画よろしく出血大サービスで満面の笑みを
浮かべていた天真爛漫な保育園生は、そのまますくすく成長し、
小4の時には、27インチのチャリで得意気に町内を爆走。
たまたま弟を後ろに乗せていたら、コーナリングで弟が振り落とされた。
「だからちゃんとつかまってなって・・・」と言いながら振り向くと
弟のマユゲと目の間から、デジャヴのようなスプラッシュアゲイン。
病院で2針ほど縫ってもらい、姉弟で揃いの傷を作ったその夜
2段ベッドの上下で、毎晩恒例の姉弟笑わせ対決をしていると
弟がどうやらツボにハマり、笑いが止まらない発作&リバース&
スプラッシュアゲインアゲイン。
何事かと下階からすっ飛んで来た母に
『夜、弟を笑わせちゃダメでしょ!』
と、今でも意味不明の叱り方をされた。

生きて行くのって簡単じゃないですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。