スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カールの心臓 

立ち寄った近所の郵便局ATM。17:30終了ですって。ATMですよ?ATM。ここがどんだけイナカなんだってこと?民営化の影響?ATMですよ?しつこいな。

昨日はトライチームの練習会。『おしゃべりしながらトレーニングした方が、心臓鍛えられるよね?』っていうワケ分からない論理の下、最近見たヘンな人というテーマでおしゃべりしながら、私はトレッドミル上を歩いていた。チームメンバーのタテカール(以下、カール)は、どんなスポーツでもいっぱいいっぱいになるくらい追い込むのが好きなので、初めから走っていた。20分後、HR(心拍計)を見てみると、カールの心拍は汗をかき始めているのに60台。スゴイ心臓だ。「安静時ならともかく、こんな数値、見たことないよ。死んでんの?」と聞く私に、『うちの家系はみんな心拍あがらないんだよ』と、淡々と答えるカール。どうやら私はどえりゃーメンバーを見つけたみたいだ。持久系にぴったんこだよ。

そのわずか10分後、カールの心拍をチェックすると140台。「何?それ」いろいろ怪しむ私にカールがとうとう吐いた。『ジム前の仕事のミーティング@レストランでちょっと1杯ひっかけてた』

「ジム前に飲むとはいい度胸してんなー」

こんな人たちばっかです。どんどん自分がマトモに見えてくるからうれしー!

では、私もこれからミーティングに行ってきまーっす!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。