スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジムが休みだったせいだから 

WBCはベースボール@オリンピックよりオモシロイけど、ロンドンオリンピックからベースボールはなくなっちゃうらしいから比較しても仕方ないか。

いつもは歩かない道を行くのが結構好きかも~ってことで、今日もそんな道をラン。で、ひょんなことから少し大きめの公園に出た。夕方だったからかサッカーでもできそうな広い芝生エリアでは、かわいい犬たちと飼い主が楽しそうに夕陽のオレンジ色の憎いやつに包まれていた。にわかドッグランを横目に、「私が犬を飼っても、絶対に『うちのワンちゃん』とか『○○(犬の名前)ママ』とか言わない飼い主になろうっと」と軽く心に誓いつつ、入口とは反対側の出口へ向かった。

そしたらそこからいい感じのボードウォークで下り階段が始まっていた。周りには誰もいない。これは当然『進む』でしょう。かるーくスローモーな走りに変え、下って行く。先は見えない。でも進む。「それにしても嫌に無駄なデザインが多い不思議な造りの階段だなー、いやいや、これが心の余裕ってやつよね、あれかいな、スローってやつかい?流行りもんかいな、何?」と思って下り続けると、いきなり見通しが良くなった。ボードウォークの床板がいきなり途切れ、5mほどが網になっている。その先に見えるは釣り橋。で、その次はターザンロープみたいのと滑り台。察しの悪い私でもいい加減気付いた。フィールドアスレチックを始めちゃってたのね。しかも平日の夕方にひとりぼっちで・・・。

そこから他の出口へ行くには、来た道を戻るしかない。もうかなり来たし、戻るのがナンだか負けた気がするのでやっぱり進むことにした。眼下の広場には子供たちが数人と監視中の親たちが見えた。幸いこっちには気付いていない様子。じゃ、この隙に行っちゃえ!って行ったら途中で気づかれて、皆さん遊びを一時停止してまで冷ややかな目で応援してくれてた。『また間違って入り込んだかわいそうな大人だわ~』って雰囲気満載で。そんな中、ラストは滑り台から砂場へドボン。はい、こんなん出ましたよー、って言う訳ないし、ひとりじゃ笑ってゴマカス事もできやしない。いくらなんでもカッコ悪ったよ、あれ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。