スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとり相撲 

今日、軽トラから颯爽と降りてきたISSAが私に
『しばらく会えないけど、また来るね。
(しばらく寂しい思いをさせるけど、元気でね!)』
って言いました。
スマイル100点の彼に、ルックスだけで仕事をオーダー
・・・してもいいですよね?

【デーブはダイエットに詳しい法則】
これ、私には当てはまってるな。

ダイエットすんぞー!と決めてから早1年と何か月だっけ?
ここがまだダイエットブログだと勘違い(?)して、
『ダイエットやってんのかいな?』
『最近ダイエットの話題ゼロだよねー』
ってゆーの、もうナシね。
勝手言ってすんません。

そりゃ、ダイエットは細々と続けてますよ。
で、十分絞れたとは到底言えない状況。

でもね、ダイエットだけをやるっていうのに飽きちゃったの。
だから、「何かをやることによって、結果絞れりゃいーじゃん!」
ってことにしたの。
その何かにトライアスロンを選んでしまったのは無謀だった。
知れば知るほどそう思う。やってもいないけど?

でも、私はあきらめない・・・<公共放送の番宣にもなりやしないわ
スポンサーサイト

デビューならず 

今日もISSAが眩しい。頭じゃなくて、笑顔ですよ!


先日のこと。
滅多に人を評したりしない同居人からシミジミと言われた。

『ブロって、クヨクヨしたことないよな。ある意味、根っからの楽天家だよ。』

ナンだよ、人をヴァカみたいに言うなよ、せめてアフォって言えよ、と返すと同時に、ふと今までの自分の短い人生を振り返ってみれば、そうかも。
そりゃ、人間ですから人並みにイロイロあるが、5分経てば別のことに気を取られてる場合が多い。

そんな私が最近思い悩んでいることがあるんすよ。

よんどころない事情によるとは言え、エントリーしてた7月上旬のトラの大会に出られなかったの!デビュー戦の予定だったのにぃー、痛恨の極み。

しかもその大会はバイク&メットを貸してくれるという、初心者にとても親切な大会だった。まさにカモがネギを背負ってきた状態。違うか。

そんな大会は、もう今年はないけれど、月刊トライアスロンを片手に次なる目標を探している。はい、切り替えた。

20歳になってから 

注文した新しい冷蔵庫が届く予定の8日前に、現在活躍中の古冷蔵庫が逝きました。ビアを家で冷やせないっ!・・・さて問題です。あなたならどうしますか?よく冷えたビアが大好物という前提でお考えください。ビアを、ビール、発泡酒、その他雑種②、セルヴェッサ、ビッラ、ビエール、ピーチュー、エール、ヴィス、ベッサァ、セヴェージャ、ベレア、ビーラタ、ビルラ、ビラ、ビーラ、オルット、ピーヴォ、シェール、ビエーロ に置き換えていただいても結構です。

次回のテーマは『世界で乾杯!』です<嘘
【more】

ちゃんぷるー 

先週末、1回海に出ただけで、季節外れの日焼けをしてしまいました。実は春が一番紫外線が強いんですってね。電車に乗る用がない時はほとんどメイクをしない私ですが、たまにはやっぱり軽くするわけです。あのー、春用ファンデが白浮きしちゃうんですけど。白浮き=オバハンの法則。夏用は去年のしかないしなー。ならスッピンだ。

世間のみなさんに於かれましては、ご迷惑をお掛けしているのは重々承知ですので、しばらく我慢してください。そりゃ、私だって「日に当たるとすぐ赤くなって黒くなれないのぉー」なんて一度は言ってみたいですよ。日焼け止めを塗ってても関係なく、紫外線の吸収がいいんだから仕方ないでしょ。時代に逆行だわ、これじゃ。

トラ。
【more】

ネェーっ! 

今年も花粉症になりませんでした!しかし、ブリーズライトだけは手放せません。誰か、ジェネリック版のブリーズライトを開発してください!

トラでは海で泳ぐことがあって波の影響があるから、両側のブレスができないといけないらしい。そこで、「今週中に左ブレス(息継ぎ)をモノにする!」というプランの下に猛特訓をしている。思い出すわぁー。中高時代の部活のあの合宿を。ごはんが食べられなくなるくらい疲労困憊&筋肉痛で、吐血しそうな勢いだったっけ・・・。今は疲労困憊こそしても、吐血はしそうもないし、ごはんもおいしくいただいている。ただ、プール水はたらふく飲む。それが何だっていうのか?(←コレ、実は相当気持ち悪い)

今まで大声で「泳いでまーす!」と言う割には、FUN SWIMがモットーだったので、右ブレスの自分的に楽な泳ぎしかしてこなかったし、プールで泳いでいる分には左ブレスをしなくちゃいけない状況なんてなかった。そもそも、泳ぎを覚えたのがスイミングスクールや部活じゃなくて、家の近所の海だったというのもあるだろう(環境のせいにしてみる)。他人に矯正されることなく、自己流中の自己流で、物心ついた時にはいつの間にか泳げるようになってたってだけ。体育の授業でも、水泳部より速かったから、水泳は特技なのかも?って自分で思ってた(過信)。詰まる所、やっぱりどこかでちゃんと習っていた、基本がしっかりしている人にはかなわないなー、と、最近痛切に感じている。目標は人と比べてどうのっていうことじゃなくて、自分に克つ!ってことなんだけど。どこまで向上心があるんだ?私。 実は、そんなの無いから自分に暗示をかけてるだけ。痛いですねー。

『左ブレスを会得するには、練習あるのみ!』という的確なアドバイスを貰った私が我武者羅(族語っぽいな)に練習するとどうなるかっていうと、左ブレスの瞬間に四肢がバラバラ、顔は自分でも自覚できるほど、『オマエに喰わせるタンメンは、ネェーっ!』の『ネェーっ!』顔になっている。ここで「恥ずかしい・・・」なんてユルイことは言わない。どうせこれからまだまだ、もっともっと、恥ずかしいことがあるだろう。ウエイト持って踏ん張るのも、もはや私にとって恥ずかしいことではないし、トレーニング中にウェアが汗染みしても恥ずかしくなくなった今、河本さん@次課長になることはどうってことないはず。←と、自分に言い聞かせる。

でもでもぉー、『息継ぎできない』って言う人に「そんなん、すぐ出来るようになるよー』って涼しい顔でアドバイスしてた私を許してね>カナヅチ軍団。 息継ぎって、マジ、難しいよ。うん。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。